お知らせ

HPV(ヒトパピローマウイルス、子宮頸がん)ワクチンの積極的接種について

2022.01.28

厚生労働省より令和4年4月からの積極的投与開始

子宮頸がんにかからないため

厚生労働省は、令和4年4月から、子宮頸がん予防のためのワクチンであるHPVワクチンの積極的投与を開始ことを明らかにしました(対象者は、現在でも無料接種していますが)。
12歳から16歳までの女子が接種対象になります(12歳となる日の年度の1月1日から16歳となる日の年度の12月31日まで)。
また、厚生労働省がHPVワクチンの積極的接種が中止した年代に対しても広くキャッチアップ接種をすることになります。その対象者は、平成9年度から平成17年度の女子になります。その期間は、令和4年4月から令和7年3月までの3年間となります。

日本以外の全世界では女子以外に、男子にも接種が開始されているのが現状です。
ご興味のある方はお問い合わせください。